大分県大分市出身の国際的建築家・磯崎 新(いそざき あらた)さんが設計したアートプラザ(旧大分県立図書館)を会場とする展覧会『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』が12月から始まります。

u40_a4flyer_front_check160808

毎年、若手ならではの「建築」に対する思い、建築が携わる分野の広さや奥深さを知ることができる、大分ゆかりの40歳未満の若手建築家による展覧会。

毎回DIYや、白、といったテーマを設けて開催されていますが、今年のテーマは「近作展 二〇一六」。”実現した建築”、”実現予定の建築”、”実現できなかったが実在するかもしれなかった建築”が並ぶとのこと。

2016年4月に起きた熊本・大分地震から8ヶ月。近作展と聞いて気になるのは、2016年の九州で活動する建築家のみなさんが「いま、ここ」で何を考え、何に取り組んでいるんだろうか、ということ。

空間が生まれることで生活が変わったり、出展作家の「三木佐藤アーキ」さんが携わる取り組み「熊本県小国町の杉を使ったテーブルづくりワークショップ」をはじめ、地域に眠る素材の活かし方を見つけるのも、これからの建築家の職能の活かし方なんだと思います。

dscf7941 dscf8320 dscf8481 shugo1

「40歳以下」という縛りがあるということは、逆を言うと「これから30年近く建築に携わる」ということかもしれません。20代、30代のいま、この九州で、どのように建築や空間と向き合うか、大分に縁のある建築家の方々の「暮らしの作り方」を目にすることのできるのが楽しみです。

マチオモイ帖大阪展のオープニングで一緒に登壇させていただく熊本の建築家・矢橋徹さんの作品も並びます!

 

建築、と聞くと「住宅買う予定もないし、関係ないかなぁ…」と思う方にこそご覧いただきたい展覧会。

入場は無料とのことです!

 

<40歳以下の大分にゆかりのある出展建築家のみなさん>

u40_a4flyer_back_check160808

門脇秀享/首藤顕道/髙橋洋一/渡部容子/山﨑真司/足立心也/松田周作/矢橋 徹/田中悠希/榎本亮祐/池辺慶太/阿南未来/佐藤 圭/三木万裕子/尾垣俊夫/中野晋治/菊池 甫/山本展久/東郷哲史 ※敬称略

 

『ARTPLAZA U_40 建築家展 2016』

会期:2016年12月11日(土)〜12月23日(金)

詳しくはこちらからどうぞ!

https://www.facebook.com/ARTPLAZA.U40

開場:ART PLAZA 2F アートホール(〒870-0046 大分県大分市荷揚町3-31)

ARTPLAZA外観

www.art-plaza.jp

主催:Oita Architects Profession(U_40 建築家展実行委員会)アートプラザ 共同

後援:大分合同新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送、エフエム大分、OCT大分ケーブルテレコム、CJOシティ情報おおいた、株式会社ゆふいんラヂオ局、株式会社大分建設新聞社